· 

2019年10月報告

イベント尽くしの10月

10月は、中間試験に加えて英検の対応も行ったため、なかなか忙しい月になりました。

ただ、中間試験はみな予想通りか予想を上回る結果で、英検も全員が合格(3,4,5級)だったので、こちらとしては苦労したかいがありました。

 

また、お問い合わせも今月は2件あったため、対応も大変でしたが、結果的にはそれが良い結果につながりました。

英語指導の難しさ

英語は他の科目の2倍手間がかかります。

 

文法や単語といった基礎知識だけでもダメで、これらを確実に身に着けたうえで読解や記述、聞き取りやプレゼンテーションの練習をしなくてはなりません。

 

なので、こちらがわかりやすく教えることだけでは、伸びない科目なのです。

生徒様やご家庭のご理解とご協力のもと、宿題や自学自習に任せる側面があり、最も伸び方に「個人差」があるといえます。

 

 

個人的には、国語の指導法よりも英語の指導法について考えることが多く、こちらも英語を学習しながら、もっとも意味のある英語勉強法(指導法)とは何かについて、探していきたいと思います。

英語外部試験延期の衝撃

個人的には「まだ決まっていないことや分からないことが多い」ということを出版社の方からうかがっていたので、いやな予感はしていたのですが、どうやらその噂は事実だということが裏付けられました。

 

政府としてはこれ以上受験生を振り回さずに、勉強に集中できるように落ち着いたフェアな環境を大切にしてもらいたいです。

 

 

そのうえで、受験生は試験の形式にとらわれずに安定してよい成績を上げられるような柔軟性を持っていたほうが、こうした流動的な状況に耐えられると思いました。